出張先でデリヘルを利用することが多い私の体験談をご覧ください。

宿泊先でデリヘル呼んでみた

濃すぎるエロオーラ出してる熟女デリヘル嬢

新宿の風俗店で熟れたフェロモンむんむんの人が、相手をしてくれました。綺麗さよりも色気の方が目立つくらいのデリヘル嬢で、目の前にいるだけでそのムンムンした色気に引きずりこまれそうな人でした。だからまるでヘビに睨まれたカエルのようにこちらは身動きできずに、熟女さんを目で追うという有様でした。プレイ開始前にちょっと会話してたんですが、その内容はあまり覚えていません。頭に熱が昇りボーッとしているような状態で、ただバクバクと心臓のなる音が体の中でこだましている感じでした。それだけフェロモン、というよりもエロいオーラを発散している人だったんです。プレイが始まり熟女さんに体を触られれば、そこばかりに神経が集中してしまいます。ムスコをいじられれば、当然ながらそこに神経が集中してしまうわけで、余計に感じてしまいやすいわけです。ですから、悶絶しながら熟女さんからの愛撫を受けていることになってました。熟女さんにほぼされるがままの状態は最後まで続き、素股で抜かれるまでそれは続きました。
新宿 デリヘル

綺麗でいやらしいカラダの美魔女風俗嬢

熟女デリヘルから風俗嬢を呼んでみれば、あれまビックリ美魔女さんが来てくれました。服を着たお姿は上品ながらも少しムッチリ感で色気も感じさせる人なんですが、脱いだら色気が高すぎるカラダでビックリです。色白なせいか綺麗なものですし、おまけに大きめなオッパイは美乳ときたもんです。なにせ乳輪がまるで10代や20代みたいに桃色ですから、オッパイまで綺麗だったんです。そして乳輪の大きさも丁度いやらしさを感じるくらいの大きめなものですから、そのエロ美乳には目も手も引き込まれてしまいます。さすがにお歳のせいか張りの方は弱まってますが、その分お餅みたいな柔らかい弾力で指も埋まっていくほどですから、触って楽しく興奮させられるものでした。そのうちたまらなくなってきたのか、熟女さんの方から責めてきました。こちらに馬乗りになって、あれやこれやとしてくるわけです。そこからは完全に熟女さんのペースで進んでいき、騎乗位素股で抜かれ、そしてもう1度お口で抜かれ、まるで絞り取るようにムスコを気持ちよくしてくれました。

とろけた巨乳を持つ美脚で熟女な風俗嬢

デリヘルで熟女な風俗嬢に相手をお願いしてみれば、スタイルはいいものの熟れすぎた体の人でした。ただそれが悪いようにではなく、いい方向に働いていたんで卑猥さを感じる人でした。かなりの巨乳を持つ人なんですが、熟れすぎているせいか垂れているというよりも、とろけていると表現した方がピッタリなくらいの軟乳に仕上がってました。けれどもフニャフニャとした感触は充分に興奮させてくれるものですし、縦横無尽に動き回るものですから、パイズリもバリエーション変えながらいろんな責めをしてくる始末でした。はっきり言って時間いっぱいパイズリだけでも大満足だと思ってしまうほどでしたが、熟女さんの責めはそれだけにとどまりませんでした。脚のラインは綺麗で美脚そのものなんで、それを使って刺激してくることもしてくれたのです。こちらの体に絡みつかせるように美脚を這わせてくるものですが、いい具合の擦り加減で気持ちいいものでした。最後は正常位素股できっちり抜いてくれましたが、それがなくても不満はなかったかもしれません。


ストレス解消でやらしいことされたい風俗嬢

人妻デリヘルから来た人は、バツイチな方でした。見た目には綺麗なお姉さんといった感じですから、わざわざ風俗でバイトしなくても、なんてことを思ってしまいます。あんまり立ち入った話をしても場が盛り差がるだけですから、バツイチであることは無視して、純粋にその時間を楽しませてもらうことにしました。その人を相手にして特徴的に思ったのは、サービスするというよりも自分で楽しむつもりで迫ってきたことです。なんだかストレス解消でいやらしいことをされたくて、とそんな感じを受けるようにも思えました。逆に言えば風俗店でサービスされているのとは違い、恋人とかセフレとかといやらしいことし合っている感が高いものですから、質の違うプレイが楽しめることにはなりました。そのせいか嬢の感じ方も派手ですし、喘ぎ声も大きいもんですから、興奮度も高いわけです。最後の素股にしても、むこうから積極的に上に乗ってくる始末で、好きなように腰を動かしているものでした。当然気持ちのいいもんですから、派手な喘ぎ声につられて、どんどん昇ってしまいました。

気合入りすぎ痴女レベル超えちゃった風俗嬢

淫語責めで抜かれたくて痴女デリヘルのお世話になってきました。こういう場合には、やっぱり痴女さまにお願いした方がいいと考えたわけです。他の風俗店でもそういったプレイは楽しめるかもしれませんが、なぜかデリヘルがいいだろうという気分だったんです。やって来たのは結構長身な痴女さまでした。ちょいと高圧さも感じるので、S気が強い人かもとは思いました。ただプレイを始めてみれば、S気ばかりが強い人だと分かりました。淫語責めというよりも、はっきり言って言葉責め、しかも罵倒交じりです。これじゃ痴女を通り越してSMの女王様と変わりありません。ただムチやビンタでの責めがないくらいしか、違いを感じないほどでした。勃起してるだけで変態呼ばわりですから、こちらも思わずムスコをピクつかせて余計に反応してしまいます。嬢からの責めはもちろん一方的で、強制的に抜かれる感じでした。見下され罵られながらの連続素股で、もうこちらもヘロヘロです。機会を盗んで逆にこちらから攻めたいとも思ったんですが、それは叶いませんでした。プレイ終わって話をしてみれば、つい気合が入りすぎてやりすぎちゃったとのこと。痴女と女王様は紙一重なのかもしれません。最後にお詫びと、ムスコをお口で頬張りだしましたが、一方的なのはやっぱり痴女ならではかもしれません。

顔を近付けムスコの張り具合窺う痴女風俗嬢

痴女相手のエロ経験したく、そういった風俗店のお世話になることにしました。お世話になったのは痴女デリヘルです。いかにもエロ度高そうなお姉さんとかいろいろいましたが、その中からちょいと可愛いお顔立ちのお姉さんに来てもらうことにしました。写真で見る限りはスタイルもいいもんですから、来てもらう前から期待で股間が膨らんじゃってました。待ち合わせ型のお店ですから一緒にホテルまで向かいましたが、人通り少ない道を通ったせいか、その時点でもうプレイ開始しているかと錯覚するような迫り方されました。腕を組むぐらいなら良くあるんでしょうけど、絡み付いてくるほどベッタリとくっついてくるもんですから、心臓もバクバク、ムスコもビクンビクンしちゃいます。ホテルに入り部屋に向かうまでには、軽くキスされたり、耳舐められたり、てな感じでその時点でいいようにオモチャにされちゃってました。部屋に入るなり、立ったこちらの前にひざまずき、股間の辺りに顔を近付けてズボン越しにムスコの張り具合をニヤニヤと鑑賞してます。そのまま前に進むわけにも行きませんから、立ち尽くすしかありません。そこをバッと服を脱がされ浴室に誘導され、体を洗ったそばからムスコをパックリされてプレイ開始でした。内容としては予想したより濃いもので、運良く好きものの人が相手してくれたようです。